薔薇のインフューズドオイル

 赤薔薇、漬けました。

 ハーブの活用法の1つに、ドライハーブをキャリアオイル(植物油)に漬け、ハーブの成分が抽出されたオイルを活用するという方法があります。
 「浸出油=インフューズドオイル」と呼ばれるものです。

 キャリアオイルに漬けることで、ハーブの脂溶性成分を抽出することができます。
 また、精油をキャリアオイルにブレンドするよりも、香りや作用が穏やかで、手軽に使えるという特徴があります。

 今回は、ローズレッドを、マカデミアナッツオイルに漬けました。
 マカデミアナッツオイルは、皮脂成分に近いため、お肌に最適とされています。
 特にナッツ臭などはありません。無色透明無臭です。

 もし、ローズの精油+キャリアオイルでトリートメントオイルを作ろうとしたら、ローズの精油代金を覚悟しなくてはなりません。高いです。かなり高いです…
 気軽に手軽にローズを利用するのでしたら、インフューズドオイルがオススメです☆
 もちろん、ハーブはローズでなくてもかまいません。
 使用目的に合ったハーブを選んだり、数種類混ぜる楽しみもあります。 
 
d0163754_18104772.jpg
 
 さてさて、インフューズドオイル作り。用意するものは、
 ・密閉容器
 ・ドライハーブのローズ
 ・キャリアオイル(マカデミアナッツオイルがおすすめ)
 ・分量は、だいたい、ハーブ4gに対しオイルが80mlの割合 

 作り方は簡単♪
 ・ドライハーブの薔薇に
 
d0163754_189278.jpg

 ・キャリアオイルをトポトポと入れ、遮光・冷暗所で保存
 2週間~1ヶ月で完成します。完成したら、ローズを漉して遮光密閉できる瓶などに保存。
 薔薇の香りを強くしたいので、1ヶ月くらい漬け込むつもりです。
 
 これを、夏の間にダメージを受けた肌や髪に利用しようと考えています。
 また、ローズの香りのもたらす、女性ホルモンや精神の安定作用で、美しく健やかな日々を。
 目指せ!秋のローズビューティー☆ 
 (宣言してみた。理想だけは高くね…)  
[PR]
by black22-lily5 | 2013-09-08 17:51 | やってみた | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧