夏こそマテ茶!「天文学者のお茶」

 板橋の素敵なギャラリーカフェ「カフェ百日紅(ひゃくじつこう」さんにて、ハーブティーのメニュー提供をさせて頂いております。
 定番3種類のハーブティーは、「踊りの子お茶」「天文学者のお茶」「郵便配達人のお茶」。このユニークな名前は、歌人の佐藤弓生さんがつけて下さました。
 メニュー提供から3年目に入りますが、おかげさまでお客様方には3種類共にご贔屓にして頂いており、感謝感激であります☆

 定番に加え、季節限定メニューもお出ししております。今は「ヒスイ」(参照過去記事) 。毎シーズン異なるブレンドを考えるのはとても楽しく、挑戦しがいがあります。
 季節限定のお茶はその季節限りのメニューです。再登場はしませんので、ぜひ味わって頂ければなぁと願っております♪

 さて、今日はふと思い立ち、定番3種のハーブティーのうち「天文学者のお茶」にクローズアップ。
 ブレンド内容は、・マテ(ロースト)・ペパーミント・ラベンダー。
 
d0163754_2139737.jpg

 シンプルなブレンド内容ですが、冷めても美味しく飲めるよう、配分にはかなりこだわっております。ベースはマテ茶。マテ茶は、ペットボトル飲料になるなど、ここ数年でかなりポピュラーになりました。
 ミネラルが豊富で「飲むサラダ」とも言われています。南米ではマテを愛飲する習慣があり、厳しい気象条件のもとでの体調管理に役立っているとも。
 ブレンドに用いているマテは、ローストした茶色い茶葉のマテです。ローストしていないマテは「マテ グリーン」などと呼ばれています。
 
 「天文学者のお茶」は、マテ特有のスモーキーな香りと味が特徴です。パイプ煙草や葉巻を思い起こさせるような…
 スモーキーさの中に、スーッとするペパーミントの風味が合わさり、爽快感が広がります。ややクセはありますが、ラベンダーをブレンドし、味わいに穏やかさを持たせています。
 大人っぽい、男性的な香り・・・ブレンドした茶葉の香りの素晴らしさに、毎回、自分でうっとりします。

 ここで1つご注意が。
 マテにはカフェインが含まれています。カフェインを避けたい、苦手、という方には他のハーブティーをおすすめします。
 
 マテのカフェインとペパーミントの作用で、スキッとする作用が高い「天文学者のお茶」。
 ホットでのみ提供しておりますので(「踊りの子のお茶」はアイス有り)、気温が高くなるとなかなか売れなくなってくるのですが・・・
 気力体力を消耗する蒸し暑い時期にこそ、おすすめのお茶です!!
 リフレッシュ活力系の「天文学者のお茶」、ホットなのですけれども、これからの季節に役立つこと間違いなし☆ ぜひ味わってみてくださいませ♪
[PR]
by black22-lily5 | 2015-05-18 21:44 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧