<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

sweet emotion編 2

 さて後半は実習タイム。
 材料が同じなので、ボディオイルかバスオイル、どちらかお好みで選んで頂きました。
 
d0163754_220029.jpg

 基材はスイートアーモンドオイル。精油の濃度でボディかバスか使い道を変えるわけです。
 2パターンの精油ブレンドを提案し、こちらもお好みで。

・フローラル系 
催淫といえば!の「イランイラン」とホルモンバランスを整えるという「ゼラニウム」 

イランイランは、最も香りの良い「イランイラン エクストラ」をご用意しました。植物園で嗅いだ本物のイランイランの花の香りに一番近いような気がします。
(イランイランは蒸留過程により、一般的にファースト・セカンド・サードの3クラスあり、エクストラはファーストの上にあたります)
「ゼラニウム」はレ・ユニオン島産のブルボン・ゼラニウムを。大好きなブランド、ドイツの「ラ・フロリーナ」の精油です。
 
・ウッディ系
あまり知られていませんが「ローズウッド」にも催淫作用あり。古くから媚薬として人気のあった「コリアンダー」を組み合わせました。
コリアンダーというのは、パクチーのこと。香りの第一印象はあのパクチーとは異なり、意外にも甘めの香りですが、鼻腔の奥に残る香りはパクチーそのもの。
ローズウッドの組み合わせは、さっぱりめの印象に仕上がりますが、どちらも強壮作用と催淫作用があるとされています。
d0163754_22122078.jpg

コリアンダーにクセがあるためか、ウッディ系を選ばれた方は1名だったのですが、ワタクシ個人的には、コリアンダーの香りがキマす☆うっとり。たまらん。
 
d0163754_22141317.jpg

今回のラッピングは、これまたお好みで。素敵に仕上げて下さった方もいらして、単なるブルーの遮光瓶が、ほれこの通り、何やら良い感じのお品になりました!
にほんブログ村 メディカルハーブ 
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-21 22:24 | ハーブ | Comments(0)

sweet emotion編 1

 ただひとえにワタクシの興味本位と勢いで決めたテーマ「sweet emotion」。
 ずばり「催淫」とするのもどうかと思い、このタイトル、実は、ロックバンドのAerosmithの楽曲から拝借したのでした。
 知っている人は知っている「Sweet emotion」の邦題、「やりたい気持ち」。
 あ、そうなの、そういう意味なの?と当時10代だったワタクシは軽い衝撃を受けたものであります。

 …そんなことはさておき。
 今回も素敵なお客様にお集まり頂いた催しの記録を。
 
 まずはハーブティーと、この日のためにカフェ百日紅さんが考案し提供して下った甘味。
 
d0163754_21453645.jpg
 
 
d0163754_21455317.jpg

 お茶は、ジャスミンの花+ワイルドストロベリーのブレンドハーブティー。
 催淫作用、高揚作用のあるジャスミン。花だけのお茶ですと淡白すぎるので、ジャスミンの香りを消さず、クセの無い味わいのワイルドストロベリーを合わせ、飲みやすくしました。
 清楚な見た目と上品な香りのジャスミンですが、催淫・高揚作用は抜群。

 カフェ百日紅謹製 特別メニューの甘味は、マダガスカル産バニラビーンズをしこたま使用したバニラババロア。こんなにたくさんの黒いツブツブの入ったバニラデザート、他では味わえません。
 天然のバニラの香りと、滑らかなババロアの舌触り。大変に美味しくうっとりしました。

 それと、ナツメグ入り生チョコレート。
 肉料理に使用されることの多いナツメグですが、チョコレートに合うはずだから入れてくれぃ!とお店にお願いして、作って頂いたものです。
 ナツメグも古くから天然の媚薬として重宝されてきたものです。

 続く
 ★にほんブログ村 メディカルハーブ
 

 
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-15 22:06 | ハーブ | Comments(0)

ありがとうございました☆☆

 本日、Fetish Herbにお集まり頂いた皆様!
 寒い中、足を運んでくださり、本当にありがとうございました!!
 心より感謝申し上げます。

 内容盛りだくさん、そしてディープ、だったもので、喋りっぱなしになってしまい、皆様のお話をゆっくりお伺いする余裕がなくて、ごめんなさい。

 かなりマニアックでハイレベルな内容だったのではないかなぁと、返す返す感じております。
 ともあれ、ハーブのちからと官能、ニオイのちからと官能を体感して頂けましたら幸いです。
 ワタクシにとっても、大変に実りある会となりました。

 自分の今の体と心が求めているもの、心地良いと感じるもの。
 鼻と口と目と耳と手と…あらゆる感覚で心地良いものを捉え、自分自身に与えてあげてください。
 それが自分にとって最も必要なものであるはず、と考えております。

 本日の会については、後日詳しくレポート掲載します。

 なぜか毎回、キュート美女たち、さらに今回は、なんと美男子勢までもお集まり下さり、なにこの吸引力、お店のなせるワザか、それともワタクシのなぜるワザか?!(多分前者)。これ不思議でしょうがない。嬉しい不思議。
 ☆にほんブログ村 メディカルハーブ 
 
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-13 21:56 | お知らせ | Comments(0)

Fetish Herb 2月13日開催

※※申し込み締め切りました※※
Fetish Herb
sweet emotion編

ハーブを五感で楽しむ小さなお茶会です         
今回のテーマは「甘い情動」を高めるハーブと香り
ハーブティーと特別メニューのお菓子を楽しんだ後は、魅惑のボディオイルを作ります
St. Valentine's Day前日、心と体を華やかに盛り上げましょう
          主催 くろゆり(ハーバルセラピスト) 協力 カフェ百日紅
d0163754_22304494.jpg

★日  時★
2011年2月13日(日曜日) 14時30分~16時      
★場  所★
カフェ百日紅
板橋駅西口徒歩4分・都営三田線新板橋駅A3出口徒歩6分・東武東上線下板橋駅徒歩3分
★会  費★
2,100円(お1人様 お茶・お菓子・材料費・消費税込)
☆★☆★☆要予約☆★☆★☆
★申込方法★
主催者宛にメールにて、お名前(HN可)・参加人数・メールアドレスをご連絡下さい。
当ブログコメント欄(主催者のみ閲覧)にても承ります
主催者くろゆりからの予約確定返信メールにて、お申し込み完了となります
☆e-mail☆black22-lily5@excite.co.jp      
☆blog☆http://kuroiyuri.exblog.jp/
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-13 19:30 | お知らせ | Comments(0)

イランイラン風呂

 今日はこれからイランイラン風呂に入ろうと思っています。

 イランイラン風呂とは…
 説明しよう!
 植物油(スイートアーモンドオイル使用)に、精油を数滴いれたバスオイルを入れたお風呂のことであります。
 イランイラン精油とローズウッド精油で作ったものがまだ余っていたので、使ってしまおうと。
 お風呂にふんわりとエキゾチックな香りが広がり、大変心地良いのです。南国~。

 何度も登場していますが、これが花の中の花、イランイラン。
 
d0163754_21362334.jpg

 あぁ、なんだかいやらしい形状だなぁ(と思っている自分が変態)。
 イランイランの香りはとてもクセがあり、好みがはっきり分かれる香り。
 でもなんだかクセになる香りです。

 さて、13日の会では、「ボディオイル作り」を予定していましたが、材料が全く同じなので「バスオイル」か「ボディオイル」、どちらかお好みで選べるようにしました。
 材料が同じで何が違うかと言うと、精油の濃度が違うのです。
 ボディオイルは体に直接塗布するので、1%濃度。
 バスオイルはお風呂に入れて拡散するので、4%濃度。
 
 イランイランはもちろん、ワタクシの嗅覚で厳選した「うっとり系」の精油を数種類ご用意致します。
 
 ということで、急遽レシピを変更したので、当日の資料作りをしなくては!!
 間に合うのか自分!!
にほんブログ村 メディカルハーブ
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-07 21:48 | やってみた | Comments(0)

催淫作用!

 ところで13日の会ですが、テーマは「甘い情動」だなんて、なんだか良く分からない曖昧な表現をしておりますけれども、いさぎよくはっきり記しましょう、はい。

 テーマは催淫作用です。

 とはいえ、開催中に急に参加者の目がトローンとハート型になってしまったりはしませんので、くれぐれもご安心下さい。
 そして内容も、至極健全なものでありますので。

 「催淫作用」というと、なんだかちょっといかがわしいものかと感じるかもしれませんが、これは古来からハーブやスパイスにその作用を求められてきた、人間にとって大切な作用の1つです。
 古い時代ならばなおさら、「ここ一番の時に身も心もいーかんじ♪」であることが、子孫繁栄のためにも重要だったわけです。

 様々なハーブの歴史や使われ方を見ていると、新婚夫婦の寝室に敷き詰めた、とか、ティンクチャーやリキュールにして服用し気分を高揚させた、というようなものがたくさんあります。
 
 へぇ、それならばちょっと勉強してみよう、試してみよう、生活に生かしてみよう、というのが今回のテーマの目指すところであります。
 
 繰り返し記しますが、会の帰り道に突如発情したりするようなことはありませんので、ご安心を。
 「催淫」とは、身も心もふんわりと高めて多幸感をもたらすこと。
 それが多かれ少なかれ心身の健康に役立つことは間違いありません。
 
 ということで、当日はバニラビーンズをこれでもか!と用いたデザートをご用意致します。
 他に秘密のチョコレートも。いずれもカフェ百日紅様謹製であります。
 
d0163754_22173330.jpg

 見よ!この黒いツブツブを!
 ★にほんブログ村 メディカルハーブ
[PR]
by black22-lily5 | 2011-02-03 22:21 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧