季節限定ハーブティー「針水晶」

いつもお世話になっております板橋の素敵なギャラリーカフェ「カフェ百日紅」さんにて、今季も季節限定ハーブティーを提供させて頂きます♪

2017年1月から提供のハーブティー「針水晶(はりすいしょう)」

「針水晶」とは、鉱石の「ルチルクオーツ」のこと。ラテン語で「輝く」という意味を持つルチルクオーツは、パワーストーンとしても良く知られていますよね。水晶に金色の針状の線が入っている見た目の通り、金運アップはもちろん、インスピレーションを高める力があるとされています。(ルチルクオーツの画像がご用意できなかったので、検索してみてください・・・)

d0163754_12041150.jpg


ベースは紅茶のディンブラです。このシンプルなテイストの紅茶に、レモングラスとカルダモンをブレンド。レモンティーに良く似た風味が飛び出した後、ワイルドストロベリー、リンデン、ラベンダーの穏やかな香りが広がります。
ホットのみでの提供です。温かいうちにご賞味いただき、ハーブやスパイスの風味が個性を保ちながら融合して奏でる旋律をお楽しみください♪

ワイルドストロベリーは、ほんのり甘酸っぱい香りがしますが、クセのないハーブです。
カルダモンはサヤを割って、良く香るようにしてからブレンドしています。爽快な香りにびっくりしますよ!

d0163754_12081378.jpg


「針水晶」という名前は、お茶の色は黄金色、スキッとした風味・・・ルチルクオーツを連想したのが由来です。
「ルチル」という名前も候補だったのですが、カフェ百日紅さんや、お茶の提供期間に個展をなさる作家さん方の作品世界を考え「針水晶」にしました。

今はとても便利でありがたい時代。いつでも、どこでも、同じモノを楽しむ機会と可能性に恵まれています。
だからこそ、その時、その場所でしか飲めないハーブティーであることを、大切にしたいと考えております。


[PR]
# by black22-lily5 | 2017-01-08 12:13 | ハーブ | Comments(0)

謹賀新年☆2017

 謹賀新年☆2017

 旧年中はカフェ百日紅さんにおいて、各種ハーブティーをご賞味いただき、また、アロマ&タロットにご参加くださり、ありがとうございました。
 また、ツイッター等を通して、お気に留めてくださった方々、繋がってくださった方々、ありがとうございました。
 嬉しく楽しい経験がたくさん!心の宝箱がみっしりです。
 全ての方に、心より感謝申し上げます。
 
 本年も、皆様がほっと一息、心身のリフレッシュのお役に立てるよう、努めて参ります。
d0163754_21241512.jpg

 さて、昨年は新しいことを2つ、習得しました。どちらもちょっと不思議なものですが、これは役立つなぁと感じたものです。
 地にしっかりと足を着け、五感を重要視、という考えは変わりませんが(基本「あっち側」には行かないのです、肉体派!)、心や体のちょっとした滞りをほぐすために、今年はそれらを積極的に活用しようと考えています。
d0163754_21244115.jpg

(↑筋反射=キネシオロジーを利用して滞りを探り、アロマで調整する)

 さて、今年の予定と概要です。

1月22日(日曜日)「アフタヌーンハーブティー」カフェ百日紅さん
 15時~16時半(店内貸切) 要予約
 気軽なお茶会です。選べるハーブティーとケーキで、特別なティータイムを♪

★1月28日(土曜日)「カードリーディング&アロマ」 ※場所・詳細は後日公開
 13時~16時 お1人様約20分 予約不要
 カードリーディング。未来を「視る」のではなく、「創る」お手伝いをします☆

★3月 カフェ百日紅さんで何かやらせて頂く予定です(※近日中に確定)
 
★7月、8月 カフェ百日紅企画グループ展
 展示期間限定のハーブティー提供で参加します!


「やらせて頂ける場所で、やらせて頂ける時に」というのが活動の基本スタイルですので、この他にも突発的に活動することがあります。予定が決まり次第お知らせいたします。
 「アロマ&タロット」は、大掛かりな準備も荷物も不要なので、もしも興味関心を抱かれたお店の方やイベント主催者さんがいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいませ。道具一式持って伺います!
d0163754_21284912.jpg

★★今年は、カフェ百日紅さんで展示をされる方への、展示期間中オリジナルハーブティーの提供は、昨年中にご依頼を頂いた分のみ承ります。
 その分、季節ごとに提供するハーブティーは、遊び心のあるものを提供したいと考えております。
 
 さあ、今年もめいっぱい楽しみながら、アロマやハーブの魅力とチカラをお伝えします!
 それと、美しいもの、可愛いもの、素敵なもの、美味しいものを追いかけて、聖俗清濁裏表を行き来いたします。
 本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます☆
[PR]
# by black22-lily5 | 2017-01-01 21:20 | お知らせ | Comments(0)

ハーブティー秋メニュー「Nadja(ナジャ)」

いつもお世話になっております板橋の素敵なギャラリーカフェ「カフェ百日紅」さんにて、今年の秋も季節のハーブティーを提供させて頂きます♪

2016年ハーブティー秋メニュー「Nadja(ナジャ)」

d0163754_2254028.jpg

蜂蜜のような香りのハニーブッシュ。カモミールとローズがハイビスカスの酸味をやわらげ、優しく香ります。オレンジピールで少しビターに、ステビアでほんのり甘く仕上げました。
程良い酸味と甘さで、とても飲みやすくて美味しいハーブティーです。ホットのみで提供。

ハニーブッシュのお茶は黄金色。ハイビスカスの赤と混ざり、美しくて珍しいオレンジ&ピンクのような色のお茶に。可愛らしい色で気に入っています♪
d0163754_226341.jpg

「ハニーブッシュ」をブレンドに用いたのは初めてです。
ルイボスと同じ、南アフリカ原産のマメ科の植物。ルイボスよりもマイルドですが、独特の風味がします。抗酸化作用が高く、美容と健康に役立つとされているおすすめハーブです。

さて、お茶の名前「Nadja(ナジャ)」についてご説明します。
今年、没後50年のアンドレ・ブルトンの作品に由来しています。
d0163754_22705.jpg

LIBRAIRIE6/シス書店10月23日まで開催中「アンドレ・ブルトン没後50年展」会場にて)

「シュルレアリスム宣言」の著者であるアンドレ・ブルトンは1926年10月4日、パリの街角でとある女に出会いました。(出会いから90周年!)
彼女の名前は、ナジャ。
『ナジャ。なぜって、ロシア語で希望という言葉のはじまりだから、はじまりだけだから。』(「ナジャ」巖谷國士訳:岩波文庫版)

魔法のようにキラキラと輝く言葉とイマジネーションでA・B氏を魅了し、翻弄し疲弊させ・・・

詳しくは、お調べいただくとしまして・・・

と、申しますのも、ハーブティー「Nadja(ナジャ)」をご賞味頂くにあたり、作品について見たことも聞いたこともなくても一向に構わないからです。
秋のひととき、ほんの少し「本」の雰囲気を感じつつ、ご自分なりの世界の中で、じっくりと味わって頂ければなぁと願っております。

もちろん、大変素敵な作品ですので、これを機会に読んでみるのもよろしいかと。
すでにご存じでしたら、どのようにお感じになられるか、それも楽しみ☆
私は「ナジャ」が大好きです。
[PR]
# by black22-lily5 | 2016-10-04 21:41 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧