ゼラニウムの精油

 いわゆるホルモンバランスの状態によるものなのだが、昨夜は悲壮感とイライラ感がなかなか治まらず、困った。
 まいったな、このままでは良く眠れない……そうだ!ゼラニウムがあるじゃないか!ということで、ゼラニウムの精油を数滴ティッシュペーパーに落とし、枕元に置いてみることにした。
 フローラル系というよりは、爽やかではあるが、ややウッディでしっかりとした香りが広がる。
 次第に悲壮感もイライラも薄れ、体が少しずつ温まるような気さえした。その後無事に入眠。
 良い香りを嗅ぐだけで、心は落ち着く。特にゼラニウムは、こんな状態の時に最適、ということをあらためて感じた。
 
 庭先の鉢植えでも多く見かけるゼラニウムだが、精油に用いられるのは「ニオイテンジクアオイ」という種のもの。
 精油に含まれる成分のうち、ゲラニオールとリナロールという成分が薔薇と共通するため、薔薇の精油と作用が似ており、香りもかすかに似ているとされている。
 (↓「ローズゼラニウム」↓)
 
d0163754_221191.jpg

 ゼラニウム。これはなかなかに素敵な精油であります。薔薇よりも手軽に使いやすい気がするのです。
 鎮静・抑うつ・自律神経調整作用などがあり、PMSなんかにも最適とされているが、全くその通り。
 ところで、ゼラニウムの主な産地は、エジプト、フランス領レユニオン島、中国など。日本で一般的に流通しているのは、エジプト産のものが多い印象。

 ワタクシの好みは、フランス領レユニオン島産の「ゼラニウム・ブルボン」。
 同じゼラニウムでも産地によって成分の量が異なるため(メーカーによっても若干異なる)、エジプト産とは香りがやや異なる。
 「ゼラニウム・ブルボン」の方が、やや甘く、やや華やかで、やや軽い。ほんの少しの差異だが、そう感じる。
 調べたら、エジプト産よりもゲラニオールの量が多いそうな。より薔薇っぽいってことか。
 
 さてさて、 『ハーブのお茶会 薔薇編』で行うバスソルト作りにおいて、この「ゼラニウム・ブルボン」を用いようと考えています。
 香りの官能を体験してみたい方、アロマやハーブ全く初めての方、匂いフェチな方、お待ちしております。
 ★にほんブログ村 メディカルハーブ
[PR]
by black22-lily5 | 2010-06-02 22:12 | アロマ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧