そもそもメディカルハーブとはなんぞや

 ハーブをハーブティーなど、つまり単なる嗜好品として楽しむだけではなく、美容や健康に役立てるという分野がメディカルハーブ。
 言うなれば、ハーブをより薬草的に捉える、とでもいいましょうか。

 確かに、「メディカルハーブ」という言葉はあまり馴染みがない。
 メディカル、といっても薬ではないわけで、そもそも日本国内においては、ハーブは「食品」であり、○○が治る!とか、○○に効く!と謳うことは、それこそ薬事法違反になるわけです。
 
 ではメディカルハーブって、どのような意義があるのか?
 
 生活に役立つ香りのある植物=ハーブををうまく使い分けて、自分自身で自分の心身のバランスを取ることに役立てる。
 無理せず気長に楽しみながら。
 
 なんだかうすらボンヤリした定義かもしれないけれど、このうすらボンヤリ感が体にも心にも優しいのであります。
d0163754_2275582.jpg
 
 (写真は普通のトケイソウだが、トケイソウの中でもチャボトケイソウという種は、メディカルハーブにおける「パッションフラワー」で、精神に安定をもたらすと言われている)

 個性的なハーブの数々形、香り、成分、作用、どれもこれもが面白い。
 古来から伝わる使い方、最近分かった使い方などなど。
 ハーブ1つを勉強するだけで、歴史や化学まで網羅することになる奥深さ…。

 で、ハーブを「メディカルハーブ」として利用する場合、多様な成分や作用がまだあまり知られていないので、自分にも人にも楽しみながら役立ててゆければと。
 ハーブのお茶会は、そんな考えに基づき企画したわけであります。
 ★にほんブログ村 メディカルハーブ
[PR]
by black22-lily5 | 2010-06-03 22:21 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧