Juniperus communis

 ジュニパーを飲んでみた。
 Juniperus communisってのは、ジュニパーの学名であります。

 和名「西洋杜松(ネズ)」というヒノキ科の植物の実。
 お酒の「ジン」の香り付けに使われているのがこれです。
 
d0163754_21572294.jpg

 そのままお湯を注げばよいわけではなく、実を少し潰さないといけない。
 それがどうにも面倒で、ほったらかしにしていたもの。

 スプーンの背で実を軽く潰して、と学んだが、スプーンなんかじゃ潰れない。
 指、指です指。
 指でぐにぐにやらないとなかなか潰れない。
 潰して、お湯を注いで5分。「実系」は5分待ちでお願いします。葉・花系は3分。

 ジュニパーの精油は、利尿作用がつよく、足のむくみ対策に用いられることが多い。
 確かにヒノキに近いウッディな香りで、好きな精油の1つ。
 ハーブティーも、利尿作用、それから発汗、抗菌、消化促進作用がある。
 (※精油もお茶も、腎臓の弱い方には不向きとされている)
 そうそう、ジュニパー飲んで、利尿促進して、足のむくみがなんとかならんものかと思い飲んだのであった。

 お茶自体の味は軽く、マズくはない。
 お茶の場合、香りはさほど強くないものの、かなり個性的。
 ライムにも似た香り、と表現されることもあるが、ややスパイシーで爽快で、「松」にも似ているような森林みたいな…表現が難しい。こんな味のお茶、他には無い。

 !?

 「カバヤのジューCの後味、あるいはカラになった容器の匂い」に似ている気がするのはワタクシだけだろうか?
 
d0163754_228026.jpg

 どなたか同意を求む。 
 ★にほんブログ村 メディカルハーブ
[PR]
by black22-lily5 | 2010-06-12 22:13 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧