今年の夏は「月光姫」

 いつもお世話になっている板橋の素敵ギャラリーカフェ「カフェ百日紅」さんに、今年の夏も、季節限定のブレンドハーブティーを提供させて頂きました。
 名付けて「月光姫」。

 ブレンドしているハーブは
 ・ジャスミン ・レモングラス ・月桃(ゲットウ) ・緑茶 ・レモンピール
 
d0163754_22274972.jpg

 飲み始めは、レモングラスと月桃の、エスニック料理屋さん的な(わかりずらいですね・・・)エキゾチックな風味がします。
 癖のある風味をまろやかにまとめているのが緑茶、アクセントにレモンピール。
 やや苦味を感じるかもしれませんが、暑い日に苦味は良いのですよ~ ほら、ゴーヤとか・・・
 飲み終わりのほうで、ジャスミンが豊かに香ります。
 全体的にキリッとした仕上がりになっております。
 
 
 レモングラスは、胃腸の調子を整えます。食欲不振、あるいはお疲れの気味の胃腸に役立ちます。
 ジャスミンや緑茶の香りは、心身をリラックスさせる作用があります。


 さて、このお茶の目玉は月桃!
 ゲットウと読みます。あまりなじみがないかもしれませんね。
 沖縄では「サンニン」と呼ばれ、日常的に役立てられているショウガ科の植物。
 抗菌作用に優れ、ポリフェノールも豊富。沖縄県民の長寿の秘訣の1つでは、とも言われているそうです。また、近年では、お肌関連に良い、とその美容成分にも注目され、化粧水など発売されています。

  ショウガ科のためか、どこかしらショウガっぽいような不思議な風味がします。  
  ワタクシが初めて月桃を知ったのは、月桃の成分を練り込んだ沖縄のお香でした。虫よけにもなるお香で、お線香に爽やかさが加わったような素敵な香り。なんとも心が落ち着く香りで、すっかり気に入りました。
 

 「月光姫」は、ホットではなくアイスで飲むのがおススメです。暑い日に冷たいハーブティーをグイッと一杯、いかがでしょうか。
 
d0163754_22222666.jpg

 
 さあお待ちかね、ネーミング秘話。
 なぜこれが「月光姫」か、お話しましょう。 
 
 イメージは、三島由紀夫の最後の作品「豊饒の海」の3巻目「暁の寺」に登場する月光姫(ジン・ジャン)なのです。
 タイのお姫様である月光姫。タイといえばレモングラス!
 月光姫は、日本人の「夫人」とただならぬ関係に至ります。日本といえば緑茶!
 そんな二人の夜。夜。夜といえばジャスミン!
  
 では、月桃は・・・?
 他のハーブをブレンドするなど、試行錯誤を繰り返しましたが、どうしても納得が行かない。
 どうしたもんかどうしたもんか、うーむ、月光姫月光姫ゲッコウヒメゲッコウ・・・・・・・!!ゲットウ!!
 

 ・・・・・・いやいやいやいや真面目に考え抜いた結果なのですよ
 月桃をブレンドしたら、これがまさにぴったり!
 

 ぜひ「暁の寺」を片手に、カフェ百日紅さんでゆっくりお茶を楽しんで頂ければ幸いです。
[PR]
by black22-lily5 | 2014-06-13 22:26 | ハーブ | Comments(0)

FetishにHerbを。くろいゆりの香(ハーバルセラピスト、ニオイマニア)画像=画家フユウ様作品


by black22-lily5
プロフィールを見る
画像一覧